熱意

 

広島から1人のクライアントさんがいらっしゃいました。

なんでも、私の母校である日本指圧専門学校へ入学を考えているとのことで、卒業生の話しを聞きたくて、ということでわざわざ広島から日帰りとのこと。しかもそのあとで、専門学校併設の施術所にも行って指圧を受けるとか。
すごい意気込みです!

 

卒業生として自分を選んでいただいたのが嬉しくて、いろいろ聞かれたことにきちんと答え、指圧について、学校について、手技両方の業界についてなど、自分の思う所を施術をしながら率直に話しました。

会話をしているだけで彼の指圧にかけようとしている熱い思いが伝わってきます。こちらも自分の学生時代のこと、大変だった事や楽しかった事を思い出しながら話していました。

 

そうか、専門学校に入ったのはもう7年前!
当時の自分は彼のようだったのか?思い起こすと間違いなくそうでした。

そして今は? そう考えてみると面白い事に気づきます。

 

今も指圧に対する思いは変わっていません。それははっきり言えます。ただ、当時とは少し違う形になっています。
当時は、「指圧を極めるためにとにかく前に進んで進んで、学校での全てを吸収してやろう!他のものには目は向けずに突き進め!」という少し尖った感じの思いでした。

それが7年経った今は??? 一言で言うと、より指圧が好きになりました。
7年前から現在に至るまで一通り学校で勉強し、技術を身につけると同時に、指圧以外のことにもたくさん触れてこれました。その結果、より客観的にというか、俯瞰するような視点で指圧の事を考えている気がします。

 

「世の中にはいろいろと素晴らしい手技療法や自己メンテナンス方法がある。どれもしっかり勉強すれば素晴らしいものだ。自分は指圧を身につけたので、この好きな指圧をもっと磨いて行こう。たくさんある選択肢の一つとして選んでもらえるように。そして指圧はホントに汎用性抜群で、手軽で、それでいてきちんとした効果も期待できる。そんな指圧が好きだ。」

 

こんな思いを確認させてくれた、熱意を持った人との出会いでした。良い方向に進める事を願っています!

 

入学した年の写真を見ていたらこんなものが。奨学金をもらいながら通っていた当時、弁当作っていました。写真は切り干し大根です!料理もまたいろいろやってみようかな?

kiriboshi

 

This entry was posted in クライアント, 人生, 指圧 and tagged , . Bookmark the permalink.

2 Responses to 熱意

  1. 引野哲也 says:

    今日は大変お世話になりました。
    無事に広島に帰ることができました。

    今日は井上さんの指圧への思い、熱意を感じる事ができました。
    それと同時に指圧で成功したいという気持ちが一層強くなりました。

    井上さんとの出会いを僕は無駄にしたくありません。
    いつかノンアルコールビールを飲みながら指圧について語れる日を心待ちにしております。笑

    お身体に気を付けてお仕事頑張って下さい!

    • oketaku says:

      今日ははるばる広島からのご来院、本当にありがとうございました。
      そして、無事広島に到着されて何よりです!

      おかげさまで自分も専門学校入学当時の気持ちを思い出して、またやる気がみなぎっていることろです。

      はい、ノンアルコールビールでもサイダーでもコーラでもいいので、飲みに行って語りたいですね。
      そんな日を楽しみにしています!

      これからのチャレンジがうまく進んで行く事を祈りつつ、東京からいつも応援しています。