2013年

 

変化に富んだ1年でした。2013年。

 

– フルマラソン初挑戦
– 様々な意味で深まったヨガ体験
– 初めて人の仕事の管理
– 定期的な指圧イベント
– 仕事から離れる時間
– 素敵な出会いの数々(新しい命を含む)

 

2回走ったフルマラソン、足の激痛、過酷な天候などに見舞われるも、なんとか完走できたのは、多大なサポートと、積み上げたトレーニングのおかげ。

地道にやると結果が出るスポーツにハマったようです。
精神力を保つために、レースへの参加有無は関係なく、続けていきたいスポーツになりました。

 

ヨガの集中コース受講後、一緒に受講した仲間がヨガティーチャーになるためのトレーニングを開始したので、合間に一緒に練習をさせてもらう機会を一緒に作りました。

週に1回、ヨガセッションを受けて、
 そのレッスンはどうだったか?
 どういう意図をもったセッションだったか?
 そもそもヨガでこの部分はどういう意味合いを持つのか?
 ヨガで学んだ事と普段の生活がどう結びつくのか?
といったことを毎回みんなで正直にシェアし、理解を深めた。

自分はティーチャートレーニングを受けていませんが、少なくともヨガに対する理解は格段に深まりました。
一緒に取り組んだ皆さん、ありがとう。
(その後ヨガ自体はあまりできていないのですが、、、)

 

会社の仕事で、人の仕事を管理する事を初めてやりました。学ぶ事が多かった。
最初に勤めた会社で、自分を厳しく指導してくださった先輩の意図が分かったのが、自分にとっての収穫になりました。

 「良くない報告は早くしろ」
 「できないならできないと早い段階で言え」
 「結論から話せ」

   などなど

おそらくどんな仕事にも通じる仕事の重要な部分。
自分が言われた時は深く考えなかったけど、いちいち、「こういうことだったか!」と理解する局面だらけ。
きっとこの体験はこれからのいろんな局面で活かせるなー。

当たり前の事をここでしっかり再認識できたという意味で、自分には大きな出来事でした。

 

指圧イベントを月に一度、KOMPISで開催させていただくようになったのは2013年。
指圧がますます楽しくなり、施術の技術向上にもつながりました。

代官山朝市での指圧がうまくいったのも、定期的にやっているイベントでいろいろ慣れている部分が多かったから。
2014年は代官山朝市にまた参加して、楽しいイベントにする予定です。

 

自分は指圧が好きなので、ただでさえ仕事とプライベートの区別がつきずらくなっていたのですが、2013年、時折仕事から100%離れることができたのは、一つの大きな転機になりました。

仕事は大事だけど、そこから離れるからこそ見えてくるものも大事。
そして離れる事で仕事へのモチベーションと仕事効率も上がるなあ、と実感。

旅行にも行きたいしぼーっとする時間もちゃんと取れる2014年にしていく予定です。
そしてさらに仕事へエネルギーを注いでいきます。

 

今年もいろんな素敵な人と出会いました。新しい命に触れることも多かった。
自分は、出かけて行って出会う事が好きだし、結構得意なの方なのかも。

ということで、2014年もジャンルに関係なく、いろんな場に行きたい。

 

2014年、すでに始まってしばらく経ちますが、どんな年になるかな?
いや、どんな年にするかな?

きれいごとだけでは済まされないことばかりだけど、清濁込みで、体験していきます!

 

This entry was posted in イベント, ごあいさつ, マラソン, ヨガ, 指圧 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.