こわい、、、?

 

「こわかったです!」

 

これが、先日2度目の来院をされたお客様にいただいた、前回の施術についての感想がこれです。一瞬のうちにいろんなことが頭をよぎりました。

「もみ返しでもあったのか!?」
「刺激量が多過ぎたのか!?」
「信頼関係が築けていなかったのか!?」

 

しかしお話を聞くと思っても見ない方向に。指圧の翌日、目覚ましが鳴ったにもかかわらずまったく起きれず、会社に遅刻してしまったとのこと。熟睡し過ぎたそうなのです。指圧を受けた効果だったとのことで、また受けるのが怖くなったそうです。もちろん、熟睡できてすっきりできたことには大満足の様子でした。

寝坊した事はこのお客様にとっては非常にまずいでしたが、こわいほど熟睡できた、ということが自分は素直に嬉しかったのです。施術後に「すごくリラックスできた」と言ってくださって、血色が良くなった顔でお帰りになったのを覚えています。

指圧は、受ける方の状態に合わせて毎回違う施術を行います。受ける方の状況をどれだけ把握して、どれだけそれを受け止めて、理解して、そしてどれだけ指の感覚研ぎすませて進めて行けるかが勝負です。ちょっとした事でも見落とすと効果が変わってしまうので、集中力を切らせたら終わりです。しかしこの地道な作業をしっかりやり通すと、素晴らしい効果が出ます。そして、効果が出る時は決まって、受ける方が私を信頼してくださっている時です。

この信頼関係を築けるように、今でも毎日試行錯誤しています。きっと終わりはないんだと思います。でも、その試行錯誤があるからこそ、続けてやっていくことに意味があると思っています。その時行っている指圧が常に今までの中で最高の指圧になるように、いつも自分の行う指圧が進化していくように。この植物達が常に成長しているように。

それを続けていって、また「こわかった!」と言われてみたいです。ちなみにこのお客様、翌日から休暇で海外へ行くとの事でしたが、ちゃんと起きれたのでしょうか?

 

This entry was posted in 健康, 指圧 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.