よくある質問

 


faq_midashi_01

当院の指圧は痛くありません。
受ける方が心地良いと感じる強さで施術します。

症状によっては効果を出すために多少痛く感じる施術を行う場合もありますが、当院ではリラックスしていただくことによる自律神経の調整も狙っていますので、心地良い圧を基本にしています。

 


faq_midashi_02

2週間から1ヶ月に一度ほど受けていただくと、定期的な疲労の解消にかなりの効果が期待できます。

ただ、それぞれの生活スタイルにより、疲れやストレスの度合いも異なってきますので、1週間に一度、2ヶ月に一度受ける方もいらっしゃいます。
また、慢性的な症状を集中的に改善したい場合には、1週間に一度あるいは3日に一度、一定期間続けて受けることでより高い効果を期待できます。

大事なのは、一定のサイクル、もしくは疲れが溜まっているタイミングで定期的に疲労とストレスを除去することです。当院では問診内容や施術時の身体の状態に応じて、受ける頻度についての提案もさせていただいております。

 


faq_midashi_04

指圧とマッサージは違います。

一般的に指圧とマッサージは同じものというイメージがありますが、厳密な定義では、マッサージはオイルマッサージのことを指します。
マッサージでは皮膚の上に直接オイルを塗布して滑剤とし、皮膚の表面を撫でたり揉んだりする手法を用いますが、指圧ではオイルは使用せず服の上から圧す手法を用います。また、その効果や目的もそれぞれに異なります。

当院は指圧専門院ですので、マッサージ(つまりオイルマッサージ)は行っておりません。
指圧の施術方法や効果については 指圧とは に詳細を記載していますので、ご参照ください。 

 


faq_midashi_05

当院の指圧は「ツボ圧し」ではありませんが、結果的に多くのツボを圧します。

当院では,骨・筋肉の位置や神経の通る部位に基づいて施術方針を立て、その上で相手の身体の状態に合わせて、圧す位置を決めて行きます。時折ツボ(東洋医学で言うところの「経穴(けいけつ)」)を意識して刺激することもありますが、基本的には骨、筋肉、神経などを意識した施術です。

ただ、当院では全身指圧行っておりますので、結果として施術中に多くの経穴(ツボ)を刺激します。
「ツボ圧し」を目的としてはいませんが、自然にそうなっているというのが実際のところです。

 


faq_midashi_06

まずはお問い合わせください。
症状をお聞きした上で、施術についてご案内したり他の医療機関の受診をお勧めしたりいたします。

お問合せいただくまでに既に医療機関を受診されているような場合には、そこでどのように診断され、現状どのような治療を受けられているのかもお伝えいただくと、より適切なご案内ができます。

 


faq_midashi_07

襟の付いていない身体を動かしやすい服装でお願いいたします。施術がしやすくリラックスできますので、指圧の効果も高まります。

 


faq_midashi_08

食事をとってから施術まで1時間は空けてください。
食後すぐにうつ伏せになと苦しいですし、消化のさまたげになる可能性もあります。

また、飲酒された状態での施術は避けてください。
指圧は血液の循環に作用しますので、血圧などに思いがけない変化がでる可能性があります。
さらに、皮膚の感覚が鈍って必要以上に強い指圧の刺激を求めてしまい、筋肉を痛めたりすることがあります。

 


faq_midashi_09

状態にもよりますが、安定期に入っていれば問題なく受けていただけます。

当院では妊娠中の方に合わせた施術も行っています。姿勢は横向きのみですので、うつ伏せや仰向けになっていただく必要はありません。全身を心地よい力加減で行い、妊婦の方に禁忌となっている場所を避けながら、腰の疲れやむくみなどを指圧でとっていきます。

不安な方は、一度掛かり付けの産婦人科医に相談いただいて、その方針に従っていただくことをお勧めします。特に妊娠中は、不安な要素を無くし、安心してリラックスした状態で受けていただくことが大事です。当院へもお気軽にお問い合わせください。

 


faq_midashi_10

本ホームページに掲載している自費の施術について、健康保険はききませんが、施術代は確定申告の際に医療費控除の対象になります。ご希望であれば領収書を発行します。

また、骨折、脳卒中、脊柱管狭窄症、パーキンソン病などの怪我や病気が原因で日常生活が困難な方、または歩行障害がある方を対象に、健康保険を適用した「訪問マッサージ」を別枠で行っております。
詳しくはお問い合せください。